IDEAL HOME CONTEST

理想の家のコンテスト

   

Statement

I went to see some of the redevelopment areas of Jakarta. For example, an illegal slum area formed near the Ciliwung river. An embankment to prevent repeated flooding was created. By doing so, people have left and moved to an apartment complex located nearby. Relocation (Relokasi, in Indonesian) by redevelopment is one of Jakarta's major problems. The conflict between local residents and the government is still occurring in several area.

However, the reason for paying attention to this redevelopment situation is that, this problem includes questions that not only mere social problems but also about human essence.

What is good and what is wrong?
What is "house" for us?

How will we remember again about an existed community past here in the future? Not only them, all we are drifters aren't we? Where do we come from and where do we go?

When walking along a fresh embankment, the house was cut off according to the width of the new road. There is no choice but to laugh at inhuman development methods. In that situations, the residents use the materials from broken houses, close the cross section of the house, make a door, and they also made a stairway connecting the new road with the old alley. Against the visuals of new concrete, the shapes created by residents have truly full of human touch. It's hope.

In the this project, we will be facing the questions derived from development of the city. And we collect memories and materials from there. Into the cycle of destruction and construction ofredevelopment, we will insert a new story what based onpeople's bricolage.

ステートメント


ジャカルタの再開発地域をいくつか見に行った。例えばチリウン河の近くに形成された違法占拠のスラム地域。度重なる洪水を防ぐ堤防がつくられ、それによって人びとは退去し、近くに用意された団地へと移り住んでいる。再開発は今日のジャカルタの主要な問題のひとつであり、今も各地の住民と政府の間で対立が起こっている。

ただ、ここでこの再開発の状況に着目する理由は、この問題が単なる社会問題に収まらない人間の本質的な問いを含んでいるからである。

何が良くて何が悪いのか。
私たちにとっての「家」とは何か。
消えた共同体はなかったものにされていいのか。
そもそも人間は絶えず移動をつづけているのではないか。
私たちはどこからきて、どこへいくのか。



出来立ての堤防に沿って歩くと、新しい道路の幅に合わせて家が切り取られている。非人間的な開発手法には笑うしかない。そんななか、住民たちはあり合わせの材料で、家の断面を塞ぎ、ドアをつくり、新たな道路と古くからの路地をつなぐ階段を作っていた。真新しいコンクリートに対し、これらの造形は実に人間味に溢れていて、希望だ。

このプロジェクトでは、都市の再開発から引き出される問いと向き合いながら、記憶や物質を集め、人びとのブリコラージュを拠り所に、再開発の否応なき破壊と創造のサイクルに新しい物語を挿入していく。

















[Outline]


RELOKASI
In 2016 to 2017, Kitazawa researched daily lives in Indonesia for 1 year. After that researches, Kitazawa started art project series “RELOKASI (Relocation)that focusing contemporary situation of North Jakarta.

Aquarium Village
At the area, some villages are forced to evict because of sudden urban developments by government. Aquarium Village is one of them. In April 2016, suddenly landscape of the village was disappeared along with a lot of noise of bulldozer what destroy their houses. After that, some peoples came back here and suddenly started rebuild of the community by using their own ideas and techniques.

What is ideal and true? 
IDEAL HOME CONTEST was 1st project of RELOKASI series. In 2017, this project will be opened as creative practice about making opportunity to thinking about " What is ideal and true? " from collective work with local peoples in Aquarium Village.
The theme of this project is not suggesting political message. IDEAL HOME CONTEST is one of the way to respect for human creativity what we can use even in such situation of social crisis. If there is a social message in this project, it is criticism against our society losing human creativity.

“RE-LO[O]K-AS-I. “
All of us must imagine again about what is happening on life of others who is in edge of our society. Not as someone's life. As your life.


[Project Process]


Idea and building
Firstly, we will build a temporary and easily work space for idea collecting. After several ideas of ideal houses will be collected at the space through talking and drawing,  locals and project members will make some groups to create each houses. Each groups will choose one from those ideas.
Groups start building ideal house what they choosed from ideas. Many materials and tools will be prepared. All groups to build ideal houses can use everything from here.

Contest
The event what named same as this project title " IDEAL HOME CONTEST" will take place on 17th August. This date is independence day of Indonesia, and a lot of contests by citizens will take place in everywhereThis event will be opened to public. Locals who didn't join as group member of building ideal houses will be able to join a tour for looking around ideal houses in the sight. Of course, visitors also will be able to join it. In this tour, at the front of each ideal houses, the members who built the one will make presentations.

After finished all presentations, audiences of the tour will vote which house they like. Each audience must vote as their own opinion. Because there is no answer fixed to these "ideal house". Finally, the gifts will be given for the group who got the first place of this contest. After the contest, the rights for these ideal houses will be transfered to Aquarium Village.

[概要]


移転
2016年から2017年までの1年間、北澤はインドネシア各地のリサーチをおこなった。リサーチを経てはじめたシリーズの一つが、ジャカルタ北部の社会状況にフォーカスした「RELOKASI—移転」である。

アクアリウム村
経済都市ジャカルタらしい都市景観をもつ中央エリアとは対照的に、ジャカルタ北部では、政府による急激な都市開発により数々の地域が立ち退きを余儀なくされており、アクアリウム村もその一つだった。2016年4月、突然やってきたブルドーザーの音とともに村の風景は消え、家々が破壊された。その後、ここに戻ってきた住民たちが、自分たちのアイデアや技術を駆使して、突然コミュニティの再構築を始めた。

理想とは何か、真実とは何か。
《理想の家のコンテスト》は、「移転」シリーズの第1弾プロジェクト。 2017年、このプロジェクトは、アクアリウム村の住民たちとの共同作業を通して「理想とは何か、真実とは何か」を思考する機会を作るための創造的実践としてスタートした。
このプロジェクトのテーマは、政治的なメッセージを示唆するものではない。《理想の家のコンテスト》は、このような社会的危機の最中においても止まらない人間の創造性を尊重する方法の一つだ。 このプロジェクトに社会的なメッセージがあるとすれば、それは人間の創造性が失われつつある社会への批判である。

「自分のこととしてもう一度見よ」
私たちすべて、いまいちど想像し直さなければならない。この社会の周縁でなにが起きているのかを。だれかの生としてではなく、あなたの生として。


[プロジェクトの過程]


アイデアと家づくり
このプロジェクトはまず、理想の家のアイデアを集めることからはじまる。話し合ったり、絵を描いたりして理想の家のアイデアを集めた後、アクアリウム村の住民たちの中で「コンテスト」に参加する人びとはいくつかのグループをつくり、話し合いながらアイデアをひとつ選ぶ。それぞれのグループは選んだアイデアを形にうする理想の家づくりをはじめる。すべてのグループは用意された多くの素材や道具を自由に使うことができる。

コンテスト
本プロジェクトのタイトルと同じ「理想の家のコンテスト」と名付けられたイベントが8月17日に開催される。この日はインドネシアの独立記念日であり、国じゅうの至るところで市民による大小さまざまなコンテストが行われる。このコンテストは一般公開されます。理想の家づくりのグループに参加していない地元の人も、理想の家を見て回るツアーに参加することができる。もちろん、地域の外からやってきた見学者も参加できる。このツアーでは、各「理想の家」の前で、その家を建てたメンバーがプレゼンテーションを行う。
全ての発表が終わった後、観客は自分自身の好みで「理想の家」を選び一人一票投票する。「理想の家」に決まった答えはない。最後に、このコンテストで上位になったグループには、ほかの多くの独立記念日のコンテストでそうされているように、プレゼントが贈られる。コンテスト終了後、これらの「理想の家」の権利はアクアリウム村に譲渡される。   




photo inside of one of Ideal Home.
April 2017, after the project.




IDEAL HOME CONTEST

Period : 17 August 2017
Location : Kampung Akuarium, North Jakarta, Indonesia

Cooperated by Rujak Center for Urban Studies
Project coordinated by : Andesh Tomo
Supported by The Japan Foundation Jakarta, Nomura Foundation







1 year later...
MEMORIAL WAGON CONTEST