Article
Where is Chiiki Art? “Double Localities–Where Distant Communities Overlap”


The article "Double Localities–Where Distant Communities Overlap" that I contributed to the book "Where is Chiiki Art?" has been translated into English and is now available on Medium. Looking back on the five-month project "Lost Terminal" with Towada Art Center in 2019, I wrote about the concept of "double locality," which is a recent keyword.


書籍『地域アートはどこにある?』に寄稿した「ダブル・ローカリティ—異なる共同体の重なるところへ」が英文に翻訳され公開されています。2019年の十和田市現代美術館での5ヶ月間に渡るプロジェクト《LOST TERMINAL》を振り返りながら最近のキーワードである「ダブル・ローカリティ」というコンセプトについて書いています。




Media - Catalogue


『地域アートはどこにある?』

十和田市現代美術館による企画展「ウソから出た、まこと—地域を超えていま生まれ出るアート」。この展覧会で私は《LOST TERMINAL》を発表しました。このグループ展は、美術館が数年にわたり展開したプロジェクト「地域アートはどこにある?」の一環として開催されました。展示紹介やプロジェクト中のクロストークを収録、十和田という現場の実践と思考の軌跡・論稿を、住民や様々なゲストとともにまとめた1冊が堀之内出版から出版されています。必読!

[書籍]
「地域アートはどこにある?」
サイズ:A5サイズ(240ページ) 並製
言語:日本語
発行:堀之内出版
販売価格:3,500円(税別)
書店販売日:2020年3月30日
ISBN:978-4-909237-47-7
Cコード:C0070 一般 単行本 芸術総記


https://hanmoto.com/bd/isbn/978490923747



Article
Art Support Tohoku - Tokyo 2011→2020


「関係性の被災」を紡ぐ 

震災の経験を未来に繋げるメディア「Art Support Tohoku - Tokyo 2011→2020」の特集、
「震災後、地図を片手に歩きはじめる」のなかで《マイタウンマーケット》について佐藤李青さん文章を書いてくれています。ぜひご一読ください!

http://asttr.jp/feature/chizu/08/



Media - Catalogue




2020年に実施した《YOU ARE ME》の様子が奈良市アートプロジェクト「古都祝奈良」の三年間をまとめた記録集に掲載されています。ダウンロードはこちらから!https://kotohogunara.jp/program_archive




Article 

[掲載 ]


『テンポラリーアーキテクチャー 仮設建築と社会実験』

Open A・公共R不動産 編/馬場 正尊 他著による学芸出版社『テンポラリーアーキテクチャー 仮設建築と社会実験』に銀座で実施した《FIVE LEGS》プロジェクトが掲載されています。ぜひお買い求めください。

https://book.gakugei-pub.co.jp/gakugei-book/9784761527624/



Virtual Exhibition 

Am I Alone?

Kitazawa exhibits 3D Prototypes of DUAL WINDOW.

"Am I Alone?" a virtual art exhibition
curated by Ranerrim, co-curated by Projek Rabak

03 January 2021 - 03 February 2021


http://www.amialone.online





Article / Contribution / Diary

Art Support Tohoku - Tokyo 2011→2020
Relay Diary 2020


http://asttr.jp/story/nikki/nikki202010/kitazawa/

(Japanese only)







Article / Interview 

The House in the Skies 

https://easteast.world/en/posts/40


-
EAST EAST(EE) is a nomadic home, a mixed language, a constellation of trade routes that carry data, ideas, flavours, and materials for constructing the future. Together with artists, designers, entrepreneurs, scholars, and scientists, we search for particularities and commonalities that make up the magical mosaic of today’s world.






Talk event

mono - nook #5

I will join in youtubelive "monook" as guest speaker.
7PM WIB / 9PM JST 10 October 2020


Please join Youtube Live
(Japanese only)

https://www.youtube.com/watch?v=fiDkZGWnjdQ



Exhibition

NANDUR SRAWUNG # 7

Kitazawa will participate in the exhibition in Yogyakarta!

NANDUR SRAWUNG # 7
11 - 21 October 2020
@Taman Budaya Yogyakarta
Jl. Sriwedani No.1, Ngupasan, Kec. Gondomanan,
Kota Yogyakarta, Daerah Istimewa Yogyakarta 55122


http://www.nandursrawung.com









Project

Gallery PULAU ISOLASI

A project with Takuro Kotaka

4 April 2020 -


We, in the midst of the global outbreak of COVID-19,
hereby launch a new “art gallery”. 
This gallery is a temporary venue,
due to our current unprecedented situation where all of humanity faces a crisis of contagion.
It will lock-down (close) when the convergence comes.


Please follow us!
Instagram
Facebook




Gallery Pulau Isolasi
Founding Declaration

We, in the midst of the global outbreak of COVID-19, hereby launch a new “art gallery”. This gallery is a temporary venue, due to our current unprecedented situation where all of humanity faces a crisis of contagion. It will lock-down (close) when the convergence comes.

As we all gradually become unable to leave our homes, this gallery opens in some country, in someone’s actual room, in someone’s house. However, we can’t reveal the actual location of this place. No one is able to come here; indeed, no one can come here.

In a blink of an eye, the world is filled with "isolated islands. "Nation, city, home. At any scale—large, medium, small— community boundaries close and isolation becomes inescapable.

In the midst of social distancing, the gallery is a room opened in experimental and existential reality, without the limitation of being surrounded by other people’s bodies.

Gallery "Pulau Isolasi" which means “Isolation Island” in Indonesian. open to all, until closed.

April 2, 2020,
Jun Kitazawa and Takuro Kotaka



ギャラリー プラウ・イソラシ


<新ギャラリー設立宣言>

私たちは新型コロナウィルス感染症(COVID-19)の世界的流行の最中で、新しい「アートギャラリー」を立ち上げる。

このギャラリーは、もはや全世界の人類が当事者となった感染症による、未曾有の危機下においてひらかれる一時的な場であり、事態の収束が訪れた時点で「閉鎖(lock-down)」する。

段階的にあらゆる人びとが、自宅から出られない状況へと陥るなかで、それはどこかの国のだれかの家の、実際の部屋でひらかれる。ただし、私たちはこの場所の具体的な所在地を明かさない。ここには誰も来ることができない、いや、来てはならない。

あっという間に世界は、「陸の孤島」で溢れかえった。国、街、家。大中小さまざまなスケールにおいて、共同体の境界線は閉ざされていき、孤立(isolation)せざるを得ない。社会的隔離(social distancing)の最中で、限りなく誰の身体も介さず、いかに「ひらくことができるか」を実験する、実在する部屋。

インドネシア語で「孤島」と名付けたギャラリー、「プラウ・イソラシ」を、その閉鎖が訪れるまで、すべての人に向けてオープンする。


2020年4月2日
北澤 潤 小鷹拓郎